Sponsored Link

2020年、インフル予防接種どうする?

flue薬と副作用
この記事は約3分で読めます。
Sponsored Link

結論から言うと、インフル予防接種を受けないと思う

結論から言います。

私は、今年インフルエンザの予防接種は、やめておこうと思っています。

EGPA(好酸球性多発血管炎性肉芽腫症)だけではなく、膠原病、さらには基礎疾患を持っている方には、インフルエンザ予防接種を受ける受けないを検討したほうが良い場合があります。

Sponsored Link

理由①:そもそも免疫抑制中なら意味がない?

膠原病 治療中

以前、医者からこんなやり取りがありました。(↓チラ見してから続き読んでね)

インフルエンザ予防接種
予防接種は意味があるのか? 今年は 会社のオフィスで インフルエンザ予防接種が受けられる環境だったので受けてみました!...

膠原病は、免疫が自分を攻撃する病気です。つまり、免疫がつきにくい体質となっているのです。

上記の 2018年の医師との会話からもわかる通り、予防接種を受けてもインフルエンザになる可能性が(一般の人よりも)高いよ、と言うことです。

むしろ、本当にインフルエンザになる危険性がある

ワクチンとは、ざっくり言うと、よわ〜いウイルスを体に入れるわけです。
なので、プレドニンや免疫抑制剤の量が多い場合は、逆に危険です。

ぶっちゃけ、予防接種を受ける時の問診医では、膠原病の怖さに詳しくない可能性があります。

なので、自分の主治医に確認しましょう。(ただ医師によって言うこともバラバラですが)

Sponsored Link

理由②:インフル感染者激減、新型コロナウイルスの影響で

前年対比、1,000分の1

まだ9月ですが、インフルエンザの感染者、めちゃくちゃ少ないらしいです。コロナ対策により、新型コロナウイルス以外のウイルスも移しあっていないのですね。

手洗いうがい、そしてテーブルやドアノブなど、不特定多数の人が触るものを消毒するようになったので、ウイルスを拾うリスクが少ないようです。

influenza_news

9月6日までの1週間、全国のインフルエンザ患者数は岐阜県・大阪府・沖縄県で報告されたわずか3人のみ。2019年の同じ時期に比べ、1000分の1以下に激減している。

出典:FNNプライムオンライン,新型コロナウイルス感染症対策の効果で全国のインフルエンザ患者数が激減

ちなみに、蚊も少ないらしい

らしいです。つまり、今年は春から夏にかけて、人間があまり外をうろちょろしていないので、蚊が血を吸えず、少ないらしいです。以前、代々木公園で蚊が大問題なった年もありましたよね〜(懐)

Sponsored Link

理由③:引き続き、外出自粛しているから

ひとり一人の努力で、世界を治す

本当に、早く新型コロナウイルス終わって欲しいのです。(本音は、早くコロナ終わって、彼に会いたい!!笑)

わたしは、一人一人の努力によって、新型コロナウイルスの感染を抑えることができると思っています。

ラッキーなことに、オフィスに通勤しないといけない、と言う状況ではないので、このまま外出自粛を頑張るつもりです。なので、インフルエンザの感染リスクは大変低いかな、と思っています。

Sponsored Link

まとめ

通勤があってリスクがある人は、インフルエンザ予防接種を受けるのも一考かもしれません。家族で通勤・通学者がいる人も同じ。でも、在宅の人や、お仕事がない人、は、むやみやたらに受けず一度考え直してみるのも良いかもしれません。

  1. そもそも投薬中は効果が出ない可能性がある?
  2. 今年は、インフル患者自体が少ないかも?
  3. 外出自粛を続けるから

以上の理由により、私はインフルエンザ予防接種は、受けない方向です。みなさんはどうされますか?^^

今日も 最後まで読んでくれて ありがとうございました💕

前向きリサ☀️カリフォルニア🌴
with 膠原病  EGPA

公式アカウント
⏬ 更新通知
はこちらから ⏬

facebook Lisa Dee -前向きリサ☀︎カリフォルニア
twitter @maemuki_EGPA

フォロー&いいね で、応援してください✨

ラブラブクリックで応援お願いしますラブラブ

にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ  にほんブログ村 病気ブログ 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症へ
(いろんな方の闘病ブログが見られるよお願い


好酸球さんとEGPA

好酸球性多発血管炎性肉芽腫症・好酸球性副鼻腔炎
情報ウェブサイト
チェック目してみてねラブラブ

タイトルとURLをコピーしました